スペインと日本と世界の話

先週、アクロス福岡こくさいひろばで話してきました。
国際理解教育支援プログラムというのがあって、
小中学生に国際的な考え方を教えるための企画です。

話し中

そこで提案したのは、世界を三つの軸で理解してもらう話:
空間軸言語軸文化軸を使った説明です。
例えば空間軸で見ると、スペインと中南米が離れているのに
言葉は同じだったりして文化にも共通点があるとか、
そういう例で三つの軸を説明して行きます。

軸
精確に描いていませんけど、イメージ図

空間軸の同じ場所にいろんな文化言葉もあったりするので、
これを理解することが「国際理解教育」に役に立つと思います。
日本日本語日本の文化も、スペインと比べるとどの軸も
はみ出ているところがなくて、独自な立場にあると言えます。
この説明が日本人に適切だと思ったのです。

でも今回の対象は小学4年生だから「なんとか軸」という
言い方が出来ない。この言葉を使わないで、
見て分かる写真などで子供に面白い話を混ぜながら
これ理解させるテクニックが必要でした。

クリスマス

また、外国のどうのこうのを説明するときは
みんな知っているものと比較しないと理解が難しい。
例えばスペインの面積を平方キロメートルで教えても、
「日本より広くて日本はその4分の3だ」と教えないと
想像がつかないと思います。
本当は、これは大人に向かっても使っていい手だと思いますけどね!

「スペインと日本と世界の話」への2件のフィードバック

  1. こんにちは!はじめまして。
    比較するとわかりやすいというのは納得です!
    それから、興味を持たせるのも大切ですよね!
    私は音楽をするので、音楽から国際理解を深めたいと思います。

  2. 初めまして!
    日本人がアフリカの太鼓を使って国際理解を
    深めるのは素晴らしいと思います。
    しかも自己表現から!
    自己表現と国際理解は想像以上に繋がっているかもしれない。

    動画を見させていただきました。素敵だと思います!

コメントは停止中です。