自己PRと自己アピールと日本と

日本の就職活動やビジネスでよく聞く自己PR自己アピールは和製英語というか、ちょっと気になる意味で使われている英語が含まれた日本語である。(日本語だけで表すと自己宣伝になると思う。)今日の記事では、言葉と意味を考えながら日本の社会とビジネス文化について語りたいと思う。

自己PRのPRは「public relations」のようだけど英語で自己PRの意味で使われる「self promotion」の方が相応しいと思う。なぜならば、日本のいわゆる自己PRは完全に一方的な宣伝みたいなものだからである。「Public relations」は大体「広報」という意味だけど「関係」である「relations」には双方向的な要素もあるはずだ。しかし日本語の「自己PR」という言葉は双方向的に使おうとすると不自然だ。

Self PR Self Promotion Public Relations

どうしてこうなった?外来語は、元の単語の全ての意味ではなくて使いたい意味・用途だけを導入することが多いと思う。そして日本にはいろんなところに上下関係というものが存在する。ほとんどの雑誌も、上下関係によって自由な記事を掲載できていないように思える。例えば、広告収入源となるメーカーの思い通りの内容となり、記者の本音はあまり見えてこない(欧米と比べれば)。こういう雰囲気だと、自己PRのRである「relations」の双方向的な要素は日本に必要なかったのかもしれない。しかし、ユーザが情報を発信するツイッター、ブログなどのソーシャルメディア(日本でCGMと呼ばれてきたもの)に目覚める日本は、従来の「一方的なPR」ではなく、「双方向的なPR」が必要だと僕は思う。皆さんは、どう思いますか?

自己アピールとか自己PRという言葉の代わりに、長所・特徴という日本語本来の言葉を使う方がいいと思う。自己アピールと自己PRは、糸井重里氏の「オトナ語の謎。」という本に出てきそうな日本語ではないだろうか。

「自己PRと自己アピールと日本と」への4件のフィードバック

  1. アレハンドロさん、はじめまして。
    みさっちと申します、通りすがりの者です。日本人です。
    日本語すごくお上手ですね!!翻訳もされてるんですか〜
    あまり的を得た事言えませんが、ちょこっとコメさせていただきます。

    わたしはツイッターは未経験ですがmixiとfacebookは使っています。
    こういったツールは今やビジネスにも使われているんでしょうね。そうなってくると友達とのコミュニケーションとビジネスでの利用ではその使い方も違ってくるんではないかなとわたしは思います。
    あくまでも個人的な意見ですが、わたしの場合mixiなどで日記を公開するのは自己満足を得る為であるからです。コメントを貰えればうれしいですが、正直返すのがめんどうに感じる事もあります。それに友達にコメントをするのも「コメント返し」という気遣いだけだったりする事も・・。そこではそんなに自分の事をアピールするという意識がないので、「relations」の双方向的なやりとりというより、ただの挨拶程度のもののような。(社長に対して礼儀正しくしているのと同じような感じ)わたしが利己的すぎるのかもしれませんが、案外みんな自分の事ばかりだと思います。ブログは書く人より読む人の方が少ないとか・・。ただビジネスでは”めんどう”だけど仕事のためというのがありますよね。

    記録に残しておく事で、後から他人が見て自分の事を知ってもらえるというのはまさに履歴書に書く自己アピールであって、それが履歴書より細かくてリアルです。だからこそビジネスで利用するなら自分の良い所をうまく見せれるようにしなくちゃと思うんではないかな・・そこらへんが本音と建前を大事にする日本人、なんでしょうか。
    うーん、考えが全然まとまらなくなってきました。

    でも結局、友達とのコメント返し程度だと「一方的な」コミュニケーションと変わらないような気がします。
    こうしたツールが浸透しているということで、以前のような一方通行さは変わりつつあると思うんですけどね。それがビジネスに絡んでくるともうちょっと違ってくるんでしょう。
    ・・ビジネスだけというのも違うような。仲良くなりたい人がいたらその人にアピールするために一生懸命になるわけですし。。

    全く結論がはっきりしませんねm(==)mしかもちょこっとじゃないし(汗)
    いろいろとつっこまれそうですがここで終わらせていただきたいと思います。
    失礼しました〜。

    1. あ!すいません修正前のコメントも投稿されちゃいました・・

    2. 初めまして!コメントありがとうございます。

      双方向的な物にも、いいことも悪いこともあります。例えばmixiやFacebookには、強制双方向的な関係がありますので気遣いや面倒が生まれることがあると思います。もっと自由にコミュニケーションを楽しみたいと思ったら、一方的にも双方向的にも使えるツイッターもやってみることをお勧めします。

      またビジネス・仕事でこういうサービスを使うときは、日本だとチームで使うときとお客さんに向かって使うときは言い方などが違ってくると思います。でも目的は同じのはずです:コミュニケーション。

コメントは停止中です。