「スペイン語」タグアーカイブ

NHK「テレビでスペイン語」に定期的に出演しています

「聞くスペイン語」の反響のおかげか、NHKの「テレビでスペイン語」に出演しないかと声をかけていただきました。
NHK テレビでスペイン語
結果として、今年度のほとんどの番組にミニコーナーの枠でマジと僕が出ることになりました。NHKが出版する「テレビでスペイン語」のテキストにも写真が載っています。
NHK テレビテキスト
最近いい機会をいただくことが多くて嬉しいです。これからもいろいろな人に出会いながら新しいことに挑戦していきたいと思います。ちなみに日本にいる皆さん、もしよろしければ木曜日の12:00か22:25からNHKの教育テレビをぜひご覧下さい。

バイオハザード〜マルハワデザイア〜

今月「バイオハザード〜マルハワデザイア〜」というマンガがいろんな国で同時に発売されています。Darumaという翻訳会社のおかげで、スペイン語版の翻訳は僕が担当させてもらいました。スペイン語版を出版するのはEDT(旧Glénat)です。

普通は単行本をもとに翻訳しますが、今回の翻訳中はまだ単行本が日本でも発売されていなかったので、Darumaにとっても初めての試みになったと思います。作品が連載中の週刊少年チャンピオンにもまだ掲載されていない状態で翻訳の作業を進めてきました。

Residen Evil Marhawa Desire 1

  • スペイン語タイトル: Resident Evil: Marhawa Desire
  • 日本語タイトル: バイオハザード〜マルハワデザイア〜
  • 漫画: 芹沢直樹
  • 原作: CAPCOM
  • 形式: 176 ページ, 130×183 mm
  • ISBN: 978-84-9947-467-0
  • 価格: 8,95€

個人的にゲームもマンガも大好きですから、スペインの皆さんにこの作品を届けることに協力できて嬉しいです。作品自体も面白かったので、バイオハザードのファンには是非読んでみてほしいです。ゲームでも観られるハリウッドのスリラー映画みたいな雰囲気がよくでていると思います。

「聞くスペイン語」3周年

マジという友達と2人で毎週スペイン語会話をテーマにした動画のポッドキャストを配信しています。そんな「聞くスペイン語」ですが、1回も休まずに3周年を迎えました。

この3年間の間、全ての動画を合わせるとダウンロードの回数が180万回を超えています。しかも、YouTubeでの再生回数は含めていません。平均して、動画1本が12,000回以上ダウンロードされています。

受信してくれている皆さん、応援してくれている皆さん、ありがとうございます!「聞くスペイン語」は僕たちにとって嬉しいことばかりです。皆さんに嬉しいサプライズも、近々発表したいと思います。

ロードス島戦記 灰色の魔女

今年のバルセロナマンガフェアで、プラネタデアゴスティーニコミックスロードス島戦記 灰色の魔女のスペイン語版を発売した。日本のファンタジー小説の先駆けのマンガ化。

翻訳はDarumaという会社に任されて、私が担当しました。全ての台詞や擬音語を翻訳した後、マルク・ベルナベさんの校正とDarumaの皆さんのおかげでいいもができたと思います。

Record of Lodoss War: La Bruja Gris

こういうジャンルに興味を持っているのであれば、中学生ぐらいから楽しめる作品だと思います。

マンガをいっぱい読みますが、この世界で仕事をしたことがなかったので、すごくいい経験になりました。これもスペインと日本の間のコミュニケーションと理解が深くなってほしいという目標に、近づく仕事だと思います。

ポネスちゃんを始めました

今週、ポネスちゃんという新しいサービスを始めました。スペイン語を本当の発音でカタカナに変換したり、Google翻訳APIを利用して翻訳を調べたりいろいろできる日本語とスペイン語を双方向に繋げるサービスを提供したくて作りました。詳しくはポネスちゃんのヘルプをご覧下さい。

ポネスちゃん
ポネスちゃんのデザインとキャラクターは古賀隆広の作品です

快適に使えるようにAJAXを使っていますが、Twitterなどで共有される、変換の結果が最初から載っているURLからアクセスするとAJAXリクエストを減少したり、ページ全体をサーバ側でキャッシュしたり、以前ゼロから作ったことなかった機能をいろいろ付けています。

ポネスちゃんの開発は、とても楽しかったです。好きなスペイン語圏のサッカー選手女優の名前を調べてみませんか?

PS: ついにWordCamp Fukuoka 2011は明日です!
WordPress+ポッドキャストの話をする予定すので、予習したい方やWCF2011のきっかけで初めてこのブログに訪れる方のため、以前載せてきたポッドキャストに関した情報をここにまとめています

音楽が入った異文化授業

ここ1月、小中学生に教える機会が2回もあってとても嬉しかった。
今日は7月27日、福岡女子高校での授業の話をしたいと思います。
30人ぐらいの女子中学生を対象にした
「体を動かす異文化授業」ということで、
みんな知っている曲の歌詞をスペイン語に変えて
歌わせたい、踊らせたいと思いました。
知っている曲の替え歌って、いきなりでも歌えたりしますね。

呼んでくれたサク先生の提案で
曲は「マツケンサンバ」に決まりました。
日本でしかできないサンバというスペインと
あまり関係ないジャンルで、もともとの歌詞にはなぜか
スペイン語が既に混ぜてある不思議な曲です。
ゲームボーイでカラオケ用の打ち込みを作って、
下記のスペイン語歌詞を考えました。

¡Olé! ¡Olé! Quiero ir a España
¡Olé! ¡Olé! Quiero ir a España
Hola, amigo
Hola, señorita
Olvidemos todo y
Vamos a viajar
España, viva España
Quiero ir a España… ¡Olé!

ちょっとした振り付けもあって、
あちこちで異文化の話を混じったら好評だったみたいです。
女子中学生全学年の人がいたけど、皆さんのってくれました。
授業が終わっても質問しまくる女の子も何人かいて、嬉しかった。
サク先生、皆さん、ありがとうございます!