「小説」タグアーカイブ

日本の映画のために翻訳を頼まれました

とある飛空士への追憶

何年か前、アニメ映画のための和西翻訳を頼まれました。ここまで普通に聞こえるかもしれませんけど、映画のスペイン語版のためではなくて、日本で上映される日本語版のためでした。日本で公開されるアニメに私の翻訳が活かされる初めての瞬間でしたが、それはあまり目立たないところです。

とある飛空士への追憶

映画は2011年10月1日に公開されたとある飛空士への追憶です。犬村小六先生の2008年2月19日に発売された同名の小説が原作です。恋と戦争のお話で、映画は特に万人に楽しめる形となっています。

とある飛空士への追憶

この話に登場するファンタジーの世界には20世紀の前半をベースにしている王国があって、言語はスペイン語だそうです。ですから、映画に登場する物の中にスペイン語で書かれているものがいくつかあります。そして、映画の製作に関わった皆さんは細かいところにこだわられて、その翻訳を自動翻訳に頼らず翻訳家に依頼されました。

とある飛空士への追憶

この映画をご覧になられた方の中でスペイン語に気付いた人は少なかったと思いますし、この上の写真の手紙のように小さく写っていて読めない物もありました。それでも、こういう細かいところのおかげで印象深くなる作品が多いと思います。

ちなみに、犬村小六先生はずっと続編を書かれています。今年、最初の続編のとある飛空士への恋歌のTVアニメ化が公開されています。

このファンタジーの世界を作るために、スペインの文化と歴史を参考にされてことは個人的に嬉しかったです。