「本」タグアーカイブ

僕と日本語の勉強

最近翻訳や通訳の仕事が増えたので、
日本語の勉強について書こうと思った。

5年間近く基本的に日本語を使って仕事していると、
スペイン人であってもある程度の日本語力が付いてくるものです。
日本語能力試験の1級を合格しているというと、
驚く人が多いけど、この資格は日本語検定と違う。
おそらく日本語検定の方がレベルが高いと思うけど、
日本語能力試験の特徴は日本語が母国語でない人しか
受けられないことです。
僕の場合の1級は、どの会社にでも就職できる
日本語力を持っているという目安です。

日本語の教科書として使っている本
日本語の教科書として使っている本

しかし仕事の話に出てくる分野が限られているし、
モチベーションといろんなものに興味がないと
いずれ上達しなくなる恐れがある。
ということで、そこからの勉強方法を紹介したい。

まずここまで来たら、外国人の語学じゃなくて
日本語が分かる人として勉強したい。
日本人向けの本で勉強するということです。
この上の写真の本は、試験にあまり出ない
実用日本語のいろんな面白いところを紹介してくれる。

北原保雄氏の「問題な日本語」

例えば北原保雄氏の「問題な日本語」は今の日本で良く聞く
間違った日本語やちょっと変わった言葉の用途を教えてくれる。
変わった日本語を覚えたくないのではなくて、
標準じゃないと分かって覚えていきたい。
つまり理解したいけど、使いたくない。

糸井重里氏の「オトナ語の謎。」

また、糸井重里氏の「オトナ語の謎。」はビジネスや
会社の環境で使われる、辞書に載っていない隠語みたいなのを
紹介して、皮肉的に批判しながら説明してくれる。
上の方が真面目で、この方が面白い。

このような本がいっぱいあるけど、小説や漫画を
読むことも、たまにこうやって文章を書くことも大事だと思う。
今、作る人目線での漫画についての漫画「バクマン。」にはまっている。

最後に、今日は翻訳や通訳の話から始めたけど、
僕が手がけるスペイン語→日本語の翻訳を見ていると
このブログの文章よりレベルが高いと思う。
日本語に翻訳するときは日本人の専門家
確認してもらうようにしているので、ご安心下さい!
それでもこのブログは、練習として一人で書かせていただきます。